闇の召喚術でカルト教祖に成り上がるで!これでお金ガッポガッポや!PayPay

闇の文書

始めに

嘘。人間が作りだす何か。生きるために誰しも生み出すもの。
しかしもし必要もないのに快楽のために嘘で稼ぎそのことに躊躇することのない人間がいたとしたら。
もしあなたがそのような人物によって傷ついて、復讐したいとしたら、この文書で語る闇の召喚術が役に立つだろう。
そしてもし、あなたがそもそもそのような人物であったのなら、あなたの華やかかもしれない人生はもう終わりを告げ、後はただ地獄だ。
この文書を目にした時点であなたの運命は決まったのだ。

この文書を多くの人の目に触れさせたい、という目的でGoogle広告に出費してくれる人を募集している。
広告の効果はGoogle Datastudioで公開している。

闇の召喚術とは

あなたはハリーポッターのDementorを知っているだろうか。
私はあの怪物が実在することを発見し、まるで映画のようにそれをある特定の人物や社会に対して召喚する方法、闇の召喚術を開発した。
嘘だと思うならまずは「どんな感じで呼び出すの」の章の齟齬のリンクに飛びそのページを最後までじっくり見てほしい。必ずあなたは私の言うことが嘘ではないと信じる事になる。

霊感が身につくとかデスゲームで使えるとか、闇の魔術とか人類を滅ぼすとか、効果がありそうとは思うのだけど、なぜそういう効果が見込まれるかというところの説明が難しい。
高度な科学は魔法と見分けがつかないという言葉があって、魔法のなかには闇の魔術もあると思うんだけど、じゃあそれはなんの科学に基づいているのかと発想できる。
科学といっても色々あるわけで俺はそんな専門的な知識はないけど、闇を作りうるなにかもあるのでは、と考える。
言葉と認知に関する科学もあると思ってて私はそれを応用した術をつくったのでは、という思いでいる。社会科学的な兵器というか。
今まで積み重ねられてきた闇の魔術的なもののなかには、錬金術が化学の発展に寄与したように、何かの科学に昇華できるなにかがあるのではとか想像する。
で、これがそういったものの要素を持っているのではと感じているのだけど、専門知識持ってないからほんとにそうなのか判断できない。
しかし、実験はできるはず。その実験を通してなにか見つりそうな気がしている。
呪いとかそんなかも。

どういう人向け?

自分はどうなってもいいから死んでほしいと思うほど、殺したいほど、憎い相手がいるときにお勧め。ただしかなり危険。

逆に闇の召喚術なんて嫌だ!冗談じゃないそんなものはいらないし、むしろそれから防衛したい、という方は闇の術への対抗と防衛へ。ここでは闇の召喚術も含めた闇の術への対抗策を考えていく方針です。

召喚術って何やって、何を呼び出し、何をさせるの?

>何やって
そこが難しい。どうすればいいのか?が自分の中でも固まっていない。
>何を呼び出し
齟齬 Dementorを術をかけたい相手のそばに呼び出す。
>何をさせるの?愛させる。

どんな感じで呼び出すの?

ある相手のそばに怪物を遠隔で召喚する。私が呼び出せると考える怪物は3種あり、呼出し方法の基本は一緒だが呼出しが保証されるのは齟齬、Dementorのみである。
発動するための基本は、

となる。残りの2種については理論的に存在しうるが、上記の呼び出す方法は単なる予想であり確実に呼び出す方法は分からない。
齟齬の召喚は相手が嘘つきで老害の場合は効果抜群。齟齬とは何か、といった考察はそれ用のページを用意したのそこで行う。

嘘と思うなら

あなたはここまで読んで私がふざけて書いている嘘だと思っているかもしれない。
それならあなたは私の嘘なのかどうかを試すことができる。あなたはこのページにどうやってたどり着いただろうか?検索してきた人がほとんどであろう。
「憎い」「死んで」「殺したい」どれだろうか?
当然このキーワードで検索したら他のページも出てくる。そのページの作成者にこのページのことが嘘かどうかを聞いてみてほしい。そうすれば真実は明らかになる。ぜひそうしよう。

また宗教の力を頼るのもいい。もしあなたが幸福の科学の信者であるなら一人で悩まず周りの教団関係者にこのことについて聞くといい。

そして、Wesnoth愛好者に齟齬 Dementorのページを見せてみよう。彼らは真実を知っている。

解説、齟齬 Dementorとは

Wesnothのユニット定義である。
この定義を発見したきっかけはハリーポッターに出てくるディメンターというモンスターをWesnothのユニットとして出したらどうなるかという考えから。
Dementorの訳はどうすべきかについて、ハリーポッターシリーズでは翻訳として吸魂鬼という言葉が開発されている。
しかし、私はその真の意味を考えようとして齟齬を英語の翻訳として当てている。といってもハリポタに出てくるのとはまた違っていて改良版と言える。
これがどういう効果を持つかということについては想像の重ね合わせによって実態をもたせるのがあって、それは複素数が演算によって実数になることがあるのと同じようなもの。
想像上のモンスターと既存の概念の組み合わせともいえるし、概念にモンスターの性質を持たせたとも言える。
また漢字の妙についても改めて考えるきっかけになるかもしれない。「齟齬が生じる」とか「齟齬を来たす」など、まるで初めからそれが怪物のような文が慣用句として使われている。
radioheadのthere thereの影響を受けている
仮想敵として最適とかがとりあえず一番効果がありそうな使い道かな。

参考

5ちゃんのスレを立てたのでそこで質問があったのでこれを見るのが手っ取り早い。
以下そこからいくつかを編集して抜粋する。

1 ナンダカフラリ 2019/03/02(土) 18:35:36.94 ID:iD8BuPpz0
闇の召喚術を開発した手ごたえがあるので意見を聞かせてほしい

22 ナンダカフラリ 2019/03/02(土) 19:15:53.04 ID:DwKDZHnw0
板を見ていると世の中には
憎い相手がいる人は多いのだろう
そういう時にはこれが役に立つはず
しかし、注意を
これは闇の召喚術
自分を危険にさらすだけになるかもしれない

自分を危険に?どうなるの?
齟齬について説明すると、召喚するための力学が複雑なので説明が難しいのだけど、一言で言えば相手にかけたつもりの術が自分自身にかかる可能性がある。
ちょっとした一例を出すと、嘘つきがこの召喚術を正直者に使おうとすると、齟齬は嘘つきの傍で召喚され、襲い掛かるということになる。
まあもっと複雑な要素が絡み合うだろうから、絶対にそうとも言い切れないけど。
召喚術って何やって、何を呼び出し、何をさせるの?
>何やって
そこが難しい。どうすればいいのか?が自分の中でも固まっていない。
>何を呼び出し
これを術をかけたい相手のそばに呼び出す。
>何をさせるの?
愛させる。
その辺にいる霊ですら普通の人には面倒ごとだったりするのに
どこから湧いてきたか分からない得体の知れない存在を呼び出すって、ただの自殺行為だと思うけど。
呼び出した瞬間に術者の存在を感知されてマークされて手に負えなくなるパターンが大半じゃない?この手の悪ふざけは。
答えになるか分からないけど、幽霊と齟齬の関係について。
どちらもアンデッドだけど
幽霊は夜に齟齬は昼に活動する
幽霊は齟齬を憎んでいるけど
齟齬は幽霊を嫌っている
なぜなら自分を憎んでいるから

齟齬素

私は闇の召喚術のうち、齟齬を召喚する実験をしている。 かつて古代中国で発明された概念、齟齬とは何か?ということに関しての再考であり、これは実現できると考えている。

そしてここで齟齬素という概念を提唱したい。 これは名前の通り齟齬の発生させる元素となるものだ。 矛盾、バラドックス、嘘などがそうかもしれない。 自分でもそれをどう説明したものか見当もつかないが、言葉があることで何かしらのきっかけにはなるのではないだろうか。

なので、会話などでそれっぽい何かがあった場合は 「それって齟齬素っぽいね」 とかなんとか広く使われてほしい。

使い方を学ぶには

まずは初級編としてWesnothのネタを読んでみて編集を考えるのがいいかもしれません。
ピース速報のポエムを読む。
マイナストイチを有効利用する方法を考える。

欠点

今まで闇の召喚術について書いてきたが、しかしある真実についても書かなくてはならない。実は哀しいかな、闇の召喚術には欠点がある。

それは金、あるいはそれに相当するものをより多く持っているものには、有り余る財力を全て駆使することによって召喚を妨害できるということだ。 例えば、ある金持ち、その人は現金で1兆ドル持っているとしよう、はそのすべて1兆ドルを使えば召喚を妨害することができる。 もちろんどれだけ金を使おうと防げないものは防げない。 だがそれだけの資金であれば防ぐ確率を極めて大幅に高めることは間違いない。

もっとも金持ちには何事にもケチな人もいる。何らかの金を持っているだけの愚鈍な者にはたとえ金で作り上げた何か、例えば重厚な要塞のようなものだけでは、この術に対して無意味だ。 そういう人には極貧で被差別の人間と変わりなく効く。

しかし、金持ちは一般的に言って賢い人が多いのではないだろうか。 そういう人たちは使うべき時には何もかもをすべて使うだろう。例えば金に換算できるものはいくらでもある。例えば個人情報だ。 どういう罪を犯してきたか、何をどうごまかしてきたか、祖先の罪、そして究極には遺伝子情報もあるだろう。 それらはより大きな者であればあるほど、とても大きな金になる。 例えば、イエメンのなんともない民の一員の個人情報と、サウジアラビアの王族である選ばれし者の個人情報。 比較にならない。

流行りの言葉でいえば上級国民とでも言えばいいのか、そういった人たちにいくら術を発動したいと思っていても、しかし、現実はそうはうまくいかない。なぜなら彼らは使える金を持っているから。

ネットで闇の召喚術

この術はネットを通すことで強大な威力を発揮する。どんな感じでいけばいいのかはピース速報の闇の召喚術カテゴリが参考になる。以下いくつかを抜き出す。

業者

ここまで読んで、私に頼らず術を発動させたいが、かといって一人では不可能なので誰かに手つだってもらいたい、またその場合はどうやってなるべく金額を抑えて術を使えばいいか、と悩んでいる人もいるかもしれない。
その場合はほかの業者に闇の召喚術について工作を依頼するのもいいだろう。誰かに齟齬の編集を誘いたい場合に一人では無理だ。そのためにはそこまで誘導するための工作を誰かに依頼するほかない。

依頼と料金について

この記事を参考に自己流で自身で術を発動させる場合は当然無料である。
また、共同開発、相談なども無料となる。
ただし、繰り返し強調しているようにこの術は大変危険で、なおかつ、何かあった場合の責任は当方は一切負わない。

術の使用を代行してほしい、術を教えてほしいなど私に用件がある場合はEメイルツイッターで私のところまで連絡を。
代行の場合は当然だけど料金は目玉が飛び出すほど高い。
金を出せないなら自力で使い方を身に着けること。条件によっては無料で使い方をレクチャーしますよ。当然自己責任だけどね。

もしこの文書を読んであなたの何かしらに役に立ったのなら、例えば誰かに抱いていた憎しみ恨みそのものが消えた、という場合も含めて、その場合は私に謝礼金を振り込んでみるのはどうだろうか。
振り込む額はあなたが払いたいと思ったときに払える額の範囲内でお気持ちとして適正だと思う金額でいい。ただし1,000,000円以上。そもそもお金がないなら振り込まないように。
また、金額を決めるときや送金するときは、不安な気持ちのある状態ではなく冷静に物事を判断できる状態の時にするのを絶対条件にする。
当然、返金には一切応じないので後悔するような金額を送金しないように気を付けてもらいたい。
振込先はEメールで教える。

なお、闇の召喚術を無料かつ安全に身に着けたいなら実験材料に対して練習することを強く勧める。

共同開発

この術は今でも十分効果のある術であるが、まだ未完成だ。なのでともに研究をしてくれる方を募集している。
開発者用のメーリングフォーラムも用意しているので参加希望の場合はEメイルアドレスの連絡を。

収益を上げたい場合

もしこの術で収益を得たいなら研究に手伝ってくれることを条件に協力する。

実験計画

個人的に試したいと思っている齟齬を呼び出す方法を試す計画について。

メディア戦術
まずはネットで術の知名度を上げたい。ネットで術の実験を行うにはデマ系ネトウヨを媒介するのがいい。
とりあえず5ちゃんの適当なところで実験したい。そして最終的に痛いニュースを筆頭としたまとめサイトの管理人達とその裏に控えている人たちに術をけしかける。
+板に侵攻して術をかけ、まとめサイトに齟齬を感染させる流れにしたい。
例えばニコニコ動画でランキング上位のネトウヨ動画で「闇の召喚術」とコメントしまくってくれる人を募集する。こうするとコメントが「闇の召喚術」で埋まったら主はこのことに触れるしかなくなる。
またアフィリエイト系のネトウヨブログのコメント欄で人気ブログランキングの上位に出てくるネトウヨブログに「闇の召喚術」とコメントしてくれ。 そしてゆくゆくは「やりすぎ都市伝説」のようなテレビ番組で闇の召喚術が取り上げられるようにする。「信じるか信じないかはあなた次第」なんて、これにはぴったりだ。
実験材料

この術はデマ吐きネトウヨに特に大きな効果を発揮することを見込んでいるので実験体が必要で、Dappiがそれによいので実験体にしたい。
このように実験台、生贄としてよい候補をその他も含めてリストにしてまとめている。

集団召喚実験
集団による実験ができる形に持って行きたい。
ネトウヨとサヨクや日本の嫌韓勢力と韓国の反日勢力など、敵対勢力同士で闇の召喚術を使いあう形に持って行ければ大きな実験になる。
コミケで実験

コミケ、私にはさっぱり縁がないイベントだが、年々盛り上がっているようだ。 ツイッターでは―主に匿名で―コミケに参加するの話題が度々流れてくる。 よく分からないが、イメージとしては2次創作の同人誌が売られている場所だ。

好きな人は好きなのだろう。 だが、私自身はあまりコミケに好意的ではない。 いつだったか、週刊少年チャンピオンでコミケを爆破しようとする漫画家の話があったが、 私のコミケに対して持つ何かの気持ち悪さを代弁していたような話だった。 自由と創作の名のもとに隷属と破壊の欲望が渦巻く場所。 私の持つイメージはそんなところだ。

実は私は、誰でもいいのでコミケに参加しようとしている同人誌作家に、作ってもらいたいものがある。 それは上記の私のWesnothの二次創作を基にした、漫画での同人誌だ。 もっともそんなことに手を貸してくれる人など、普通に考えればいないだろう。 が、ちょっとした工夫でもしかしたら協力してくれる人が出てくれるかもしれないと考えている。 その案はこうだ。

まずテーマは「増える家族」だ。 これは非常に短いので描くのにそう手間はかからない。 そして、どう売るか?ということについて、奇策を弄したい。 それは1部を100万円で売る、というものだ。 聞こえてくる話では基本的に何刷も作ると売れずに赤字になることが多いらしい。 そこで、内容の短い本を1冊で100万円で売ればローリスクハイリターンだ。 同人作家にしてみればおいしい話なので、乗ってくれる人が現れるのが期待できる。

この「増える家族」はアンデッド系の二次創作になるが、このような傾向のものはあまり見ない同人誌で、 しかも元ネタとなるWesnothのストーリーであるDIDはとても重厚なテーマを詰め込んでいる。 究極のテーマといっても過言ではないし、それに日本のネットの文化と私のITに関わってきた経験を絡ませている。 万人受けはしないが、究極の何かが欲しい人には大いに関心を寄せるもので、100万円の価値を感じさせるだろう。

そしてもし仮にこれが成功すれば、いやもちろん可能性が極めて低いことは否定しないが、後に続く人が出てくるだろう。 そうするとコミケはどうなるか? 究極の秘術である死霊術のテーマの同人誌があふれる場所となり、そこでの経過は私の闇の召喚術の開発を大いに進めるだろう。 コミケはただのオタクの集まりではなく、究極である闇の召喚術の発動装置となる。

もし私に大金があるならこの計画を実行してみたい。